カーペットのサイズ表

「あなたのお部屋のサイズにぴったりのカーペットはどれ?」
「6帖の部屋に」と6帖表記のカーペットを購入したら、「思ったより小さい」という経験はありませんか?それは同じ6帖サイズでも「様々な規格」があるから。
まずはこれを読んで、自分のお部屋の規格を確認してみましょう。

「○○規格」にはどんなものがある??

一般的には大きく2つの規格が有名です。1つは「江戸間(えどま)」、もう1つは「本間(ほんけん)」と呼ばれるものです。その他に、特定の地域、場所だけで使用されている規格があります。代表的なものは、「中京間(ちゅうきょうま)」、「安芸間(あきま)」、「佐賀間(さがま)」、「団地間(だんちま)」、「琉球畳(りゅうきゅうたたみ)」などと呼ばれている規格です。
 いま挙げたいろいろな規格ですが、すべて基本となる1帖の寸法(縦×横の長さ)が若干違います。1帖あたりの違いは若干なのですが、これが6帖、8帖、10帖とサイズが大きくなるにつれて、大きなサイズ違いの原因になります。

どんな規格サイズがあるの??

それでは、いろいろな規格について見ていきましょう。

江戸間(えどま)

江戸間のほかにも、「田舎間(いなかま)」、「関東間(かんとうま)」、「五ハ間(ごはちま)」などの呼び名があります。
関東・東北地方の一部、北海道など関東地方より北、北陸や三重県伊勢地方の一部などほぼ東日本の大部分で使われている規格ですが、最近では全国的に使われています。
徳川家康が江戸幕府を開き、江戸に多くの建物が建てられた頃に庶民に広まった規格と言われています。
江戸間の1畳サイズは、「縦176cm×横88cm」(5尺8寸×2尺9寸)です。

本間(ほんけん)

本間のほかにも、「京間(きょうま)」、「本間間(ほんけんま)」、「関西間(かんさいま)」、「六三間(ろくさんま)」などの呼び名があります。
京都が発祥(滋賀県が発祥という説もあり)で、近畿・中国・四国・九州と西日本の大部分で使われている規格です。現在では京間は少なくなり、西日本でも「江戸間」を使うところが増えてきています。
安土桃山時代の茶道の普及と太閤検地により庶民も畳を使い始め広まった規格と言われてます。
本間の1畳サイズは、「縦191cm×横95.5cm」(6尺3寸×2尺9寸)です。

中京間(ちゅうきょうま)

中京間のほかにも、「三六間(さんろくま)」、「福井間(ふくいま)」の呼び名があります。
愛知県・岐阜県の中京地方、福島・山形・岩手の東北地方の一部、及び北陸地方の一部と沖縄・奄美大島などで使われている規格です。
京文化の影響を受けつつ、尾張名古屋を中心とした独特な地域文化の発展とともに広まった規格と考えられます。
中京間の1畳サイズは、「縦91cm×横182cm」(6尺×3尺)です。※江戸間と京間のほぼ中間サイズ。

安芸間(あきま)

別名「広島間(ひろしまま)」と呼ばれ、中国地方や瀬戸内海沿岸で使われている規格です。
安芸間の1帖サイズは「縦185cm×横92.5cm」(6尺1寸×3尺5寸)です。

佐賀間(さがま)

主に九州で用いられている規格です。
佐賀間の1畳サイズは「縦188cm×横94cm」(6尺2寸×3尺1寸)です。

団地間(だんちま)

団地間の他に、「公団サイズ(こうだん一)」、「五六間(ごろくま)」と呼ばれています。
近年の住宅環境の変化に伴い、アパートやマンションなどの共同住宅、公共住宅や高層住宅などを中心に全国的に使われている規格で、従来からある他の間と比べてサイズが小さいのが特徴です。
団地間の1畳サイズは、「縦170cm×横85cm」(5尺6寸×2尺8寸)「縦160cm×横80cm」(5尺3寸×2尺6寸)の2種類があります。

琉球畳(りゅうきゅうたたみ)

一般的なイ草よりも強度の強い特殊な「七島イ草」で織られた琉球表を使用した畳をいいます。一般的な畳と比べて、畳の目が細かく表面がザラザラ毛羽だって おり、縦と横の寸法が等しい正方形(約88cm以上)の形をしています。また、畳みの縁がないのも特徴の一つです。
近年、モダンな和室を演出するアイテムの一つとして、よく利用されています。

PAGE TOP

実際どれくらいサイズが違うのか見てみましょう