ら行のカーペットの用語

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数字(ABC...)

ラグ

小型の敷物。
主に部屋の中敷き・部分敷きとして用いる床敷物です。

アクセントラグ、エリアラグ、スキャッターラグといわれるものの総称です。
材質やデザインなどは豊富で装飾的な柄製品が多く、大きさも各種あり、
敷詰めされたカーペットの上に、もう1枚敷くセカンダリーカーペットとしても多く使用されます。

ラテックス

天然ゴムあるいは合成ゴムの水性乳濁液で、ゴムの原料や接着剤として使われます。
カーペットのバッキング加工や、ニードルパンチカーペットの固定剤として使われています。

ランナー

通路や廊下などの細長い部分にセンター敷きするような比較的小幅のロール反カーペットのことをいいます。
マットは一枚仕立てになっていますが、ランナーは好みの長さに切れる形態になっています。

PAGE TOP

亜麻布(リネン)

リンネルともいいます。
亜麻の繊維を原料とする糸・織物。
柔らかく丈夫な生地であり、吸水性、速乾性に優れた特色を生かして夏物の衣類や寝具に使われています。

リャ[rya]

ラグを意味する北欧語。
羊毛で作られたスカンジナビアの絨毯。

PAGE TOP

ループパイル

カットパイルの対比語で、カットパイルよりも耐久性にすぐれています。
パイル糸がカットされていない、ループ状になっているのがループパイル製品です。
ループパイル製品には製法によりレベルループ、マルチループ、ハイローループなどがあります。

ループ・ループ

二段ハイロー組織の一種で、工程いずれもがループパイルのもののこと。
「ハイローループ」ともいいます。

PAGE TOP

レジデンシャルカーペット

住宅向けカーペットの総称。

レベルカット

パイルの長さが同じカットパイル製品のこと。
プラッシュサキソニーベロアなどのカーペットがこれに類します。
織りカーペットはこのスタイルが最も多いとされています。

レベル・ループ

ループパイル製品の中でもパイルが一定の高さに揃っている製品のことです。
プレーンループ製品ともいいます。
表面が適度に固く滑らかなので歩きやすく、耐磨耗性に優れ、
汚れにくく掃除も容易なことから、歩行量の多い廊下やオフィス、ロビー、ホテルなどに適しています。
高密度のものはプリントに適用されることがあります。

レーヨン

人造絹糸、人絹ともいいます。
天然原料を溶解させ、糸状に再生して作った繊維で再生繊維と呼ばれています。
吸湿性があり、いろいろな染料によく染まる染色性に優れていますが、型くずれやしわになりやすいという欠点もあります。

PAGE TOP

ロール反

一般的には、30m前後に巻いた、ロール状のカーペットで、裁断加工に行う前のカーペットをいいます。
また、カーペット工事用、あるいは、別注用に使用する目的でつくられた30m前後の巻いたカーペットもロール反と呼ばれます。
原反と呼ばれることもあります。

ロール巾

ロール状に巻いたカーペットの仕上がり巾をいいます。

PAGE TOP