あ行のカーペットの用語

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数字(ABC...)

アキスミンスター

あらかじめ定めた順序に従って配列した色糸を織り込んでつくられた織じゅうたんのこと。
色糸の織り込み方法によってスプールアキスミンスターグリッパーアキスミンスターなどの名称で呼ばれます。

アクセントラグ

ラグサイズのカーペットの総称。
装飾的色彩が強く、大きさや形は様々です。
床面とのズレやしわが発生しないように滑り止め加工が施されているものもあります。

アクリル

アクリロニトリル単位(-CH2CHCN-)を主成分として形成された長鎖状合成高分子からなる繊維のこと。
柔らかく、ふっくらとした感触を持っており、合成繊維の中ではウールに最も似た感触が出せます。
主に家庭用のカーペット、ラグ、マット等に使われます。

アクリル系

アクリロニトリルと塩化ビニールとをまぜて作られる繊維。
性能はアクリルに近いが、難燃性能が備わります。

網代織(あじろおり)

アクリロニトリルと塩化ビニールとをまぜて作られる繊維。
性能はアクリルに近いが、難燃性能が備わります。

遊び毛

紡績糸を用いたパイル敷物の場合、固定されていない短い繊維が歩行や清掃により抜け出たもの。
通常の掃除を行っていれば数ヶ月程度でほとんどなくなります。
不良品ではないかとの問い合わせを受けることが少なくありませんが、これはカーペットおよび耐久性に影響を与えるものではありません。

綾織(あやおり)

織物の組織の一つで、斜文織りともいいます。
たて糸、よこ糸を交錯させた布としたもので、カーペットの基布としたものでは他に平織があります。

アレルゲン

免疫学の用語で、抗原抗体反応の「抗原」の中でも、特にアレルギーを引き起こす原因物質の総称。
喘息やアトピー等のアレルギー疾患のアレルゲンとしては、食品、薬物、化粧品、金属やホコリ、花粉、
ペットの毛、カビ、細菌、ダニの死骸等のハウスダストがあげられます。

アンダーレイ

カーペットの敷きこみ工事の際に 床とカーペットの間に敷き込む材料です。
アンダーレイを使用することによって、カーペットの踏み心地や、復元性、クッション性、防音性、断熱性が高まります。
フェルトや、ラバー、ウレタン等があります。

PAGE TOP

い草

い科の植物で、い亜属に属する、宿根性草木。畳表や花むしろの原料です。
日本では古墳時代から自生していたようで、生産地は岡山、熊本、福岡県があげられます。

市松貼り

タイルカーペットのパイルの目の方向を基盤状に、縦横方向に交互に貼って仕上げていく貼り方。

一次基布

タフテッドカーペットのパイル糸を植える(刺し込む)基布。
ジュート基布と合繊基布があるが、現在はほとんど合繊基布が使用されています。

色むら

染色されたものの、不規則な濃淡、色相違いなどがあることをいいます。

イングレーン・カーペット

パイルのない平織り敷物の一種。三笠織りと同じ。風通織りともいいます。
二重織りのものと三重織りのものとがあり、柄はリバーシブルで、両面使用が可能です。
18世紀に英国で開発されましたが、パイル織りのカーペットの普及とともに衰退しました。

インテリア

内部、内側の意味で、室内装飾品としてカーペット、カーテンなどの総称に使われます。

インポート

カーペット業界において、主にヨーロッパ諸国の輸入品のカーペットの総称として使われています。

PAGE TOP

ウィルトンカーペット

ワイヤの打ち込み装置をもつ織機でつくった織じゅうたん。
18世紀中ごろ、英国のウィルトン市で初めてつくられたことからこの名がつきました。
使用できる糸色数は普通5色柄まででき、自由な柄が表現することができます。
上・中級グレードのカーペットで、施設、ホテル等の工事用カーペットとしても愛用されている織じゅうたんです。

裏巻き

カーペットのパイル(表)面が汚れたり、傷付いたりしないように、パイル面を内側にして巻くことをいいます。
表巻きの反対。

ウール

羊毛のこと。
保湿性と保温性、弾力性に優れ、燃えにくく、しわになりにくいという特徴を持った天然素材です。
虫害を受けやすいという欠点もあります。
主に衣類やカーペットに使用されています。

PAGE TOP

江戸間

たたみ1畳を88cm×176cmとする規格サイズ。
おもに江戸および関東周辺で用いられた家屋の測り方。
柱の中心と隣の柱の中心までの距離(一間という)を六尺(約182cm)とするものです。

エンボス

「浮き出し」という意味。
カーペットの表面に凹凸模様をつけることをエンボス加工といいます。

PAGE TOP

置き敷き

カーペットを床面に置いて敷くこと。代表的なものはピース敷きです。
糊で貼ったり、グリッパーで施工したりすることとは分けて扱われます。

オーダーカーペット

大きさを㎡単位でオーダーし、オリジナルのサイズで生産する商品をいいます。
既製サイズよりも大きいサイズが生産でき、店舗や施設等の工事用としても採用されています。
縁加工のオーバーロックテープロックは別途指示することが基本です。

オーバーロック

カーペットの裁断箇所をパイル糸と同色の糸で、オーバーロックミシンで縁がかりすることをいいます。
目的はカーペットのほつれ防止や外観をそこなわないようにすることです。

表巻き

カーペットのパイル(表)面を外側にして巻くこと。
一般に小売店、展示会などで、お客様にカーペットの表面を見やすく陳列するために表巻きをします。

折りたたみ

簡易カーペットの通称。タフト製品では裏打ち用基布がなく、折りたたんで簡単に持ち運べ、また収納も容易なカーペットです。
一般的にパイル長が短く目付けの軽い製品が多く、普及品として手頃な格安家庭製品。

PAGE TOP