カーペットの素材

「カーペットに使われている素材にはどんなものがあるのでしょうか?」
カーペットに使われる繊維素材には、大きく分けると「天然繊維」と「化学繊維」があります。どんな繊維素材を用いられているかによって、「質感」「お手入れの仕方」「価格」など、カーペットの特徴が大きく違ってきます。

カーペットに利用される主な繊維素材

天然繊維 羊毛(ウール)
綿(コットン)、木綿
絹(シルク)
竹(バンブー)
い草
籐(ラタン)
合成繊維 レーヨン
ナイロン
アクリル
ポリプロピレン
ポリエステル

カーペット繊維素材の特徴

では、それぞれのカーペット繊維素材には、どんな特徴があるのでしょう?
それぞれの繊維の特徴を見ていきましょう。

天然繊維

羊毛(ウール)
文字通り、動物の羊の毛から作られます。セーターやマフラーの素材としても使われ、手触りが柔らかで暖かくカーペット の素材としても最も適した素材といえます。
ウールの表面は、人間の髪の毛と同じように「うろこ状のキューティクル」が表面にあるため撥水性があり汚れがつきにくいです。また撥水性とともに、空気中の湿度が高いときは吸湿、乾燥してくると空気中の湿度を放出する調湿機能を兼ね備えています。この特徴は、ウールが冬だけでなく、湿気の多い夏場においても優秀なカーペット素材であるということになります。
また、ウール繊維自体がやや縮れており、これにより弾力性にあふれ、多くの空気を抱え込むことによる高い保温性もあります。天然素材であり調湿機能があることから、静電気が起きにくく、ちりやホコリをあまり吸着しません。加えて、難燃性もあり急激に燃え広がることもありません。
ただし、唯一の弱点といえるのが虫がつくことがありますが、ほとんどのウール素材のカーペットには防虫加工が施されていますので安心です。

PAGE TOP

綿(コットン)、木綿
熱帯または亜熱帯地域で栽培されるワタ(アオイ科ワタ属の多年草の総称)の種子にフワフワと付いているもの、これを繊維として紡いだものです。肌着の素材 に使われるように手触りが特に柔らかで、夏は涼しく冬は暖かいので季節を問わず一年中使えます。さらに天然素材の中でも、特に吸水性に優れバスマットとして多く利用されています。静電気も起きにくい繊維素材です。

PAGE TOP

絹(シルク)
蚕の繭より紡がれた繊維です。シルクは繊維が細くしなやかでつややかな独特の光沢があり、微細な絵柄を織り込んだ高級緞通(だんつう)などに使用されます。日ごろのお手入れさえしていれば、何十年もその美しさを保ちながら使用することができます。ただし、摩擦に弱いので大人数が行き来するようなところのカーペッ トには不向きです。また、水に弱く、紫外線にあたると黄色く変色することがあるので水や直射日光には注意しましょう。すごく汚れてしまった場合には、専門ク リーニング業者さんがいますので、その方にお願いしましょう。

PAGE TOP


中央アジア原産とされるアサ科アサ属の草木で、天然素材の中では羊毛や綿よりも硬く耐久性に優れています(大人数が通るところにおいても平気です)。また通気性、水分の吸収性・発散性に優れており、独特のさわやかさがあり真夏の敷物によく使用されます。加えて汚れにも強く非常にお手入れが簡単です。

PAGE TOP

竹(バンブー)
バンブーカーペットの素材として使われています。熱がこもりにくくひんやりとした感触の素材です。お手入れも簡単で濡れたタオルでふくだけで十分です。 暑くて過しにくい夏場のお部屋に敷いて、素足で歩きまわると気持ちいいです。

PAGE TOP

い草
単子葉植物イグサ科の植物で、畳を作るのに使用されている天然の素材であり、い草独特の香りと肌触りがあります。日本国内での主な産地は熊本県八代地方で す。い草には水をはじく撥水性があるので汚れにくいですが、直射日光には弱く色落ちします。春から夏にかけてよく利用される”茣蓙(ござ)”の繊維素材と して昔から利用されています。

PAGE TOP

籐(ラタン)
熱帯や亜熱帯に自生するツル状のヤシ科のつる性植物で、表皮に長いトゲを持っています。藤(ラタン)の特徴は、「軽い」「柔らか」でありながら「強さ」 と一面も持っています。そのため、ほどよい「しなり具合」を持っています。  竹(バンブー)と同じように思えますが、竹(バンブー)の断面は中心部が完全に空洞なのに対して、藤(ラタン)の断面は中心部まで中身が詰まっており、 小さな空洞が数個存在する程度になっています。  カーペットの素材としての籐(ラタン)としては、敷物サイズ(2帖~10帖他)、ラグサイズ、玄関マットなどいろいろ使用されています。

PAGE TOP

合成繊維

レーヨン(再生繊維)
天然繊維を持った木材パルプや綿を化学的に溶かして繊維に作り替えた再生繊維の一種で、絹(シルク)に似せて作ったものである。レーヨンとはフランス語の「光沢(luster)」と「綿(cotton)」を組合わせた造語です。
大量生産が可能で価格が大変に安かったため、カーペットの素材として広く利用されていましたがナイロン、アクリルなどの他の合成繊維と比べて「へたり」や「耐久性」の面で劣るため、現在では利用が少なくなっています。

PAGE TOP

ナイロン(合成繊維)
石油、石炭を原料とした合成繊維であり、合成繊維の中でもっとも耐久性と耐摩耗性が優れています。よって大人数が利用するようなオフィスやロビー等の場所へ敷かれるカーペットの素材として優れています。また水に濡れてもほとんど変形しません。
ただし、静電気が起こりやすいため、カーペットの素材として利用される場合には「制電加工」が施されます。

PAGE TOP

アクリル(合成繊維)
石灰岩や石炭、石油を原料として作られ、風合いが天然素材のウール(羊毛)に最も近い合成繊維です。軽くて柔らかく水分をいくらか吸収するため保湿性 が高く、静電気の発生も少ないです。また繊維を染めると発色が特に鮮明出るため、色々なカラーバリエーションが可能です。
ただし、パイル糸が毛羽立ちやすく、火や熱に弱いのが欠点ですが、カーペットの素材として利用する場合には、「難燃加工」が施されています。

PAGE TOP

ポリプロピレン
石油を原料として作られ、軽くて丈夫な合成繊維です。水分を吸収しないので、濡れても汚れが付きにくいです。また、長い繊維ですので、カーペットからの「遊び毛」が出ません。反面、熱に弱く弾力性に乏しいため、感触が他の合成繊維と比べて硬い印象になります。

PAGE TOP

ポリエステル
石油を原料として作られ、ナイロンに次ぐ強度を持っています。また磨耗に強く、耐久性があります。衣料用の化学繊維の中で最も有名な合成繊維で、他にも寝具、インテリア、産業用資材としても幅広く使用されています。欠点としては、繊維の強度が高く、また繊維長が長いため、毛玉になりやすく取れずらいという点があげられます

PAGE TOP