カーペットのいいところ

「カーペットにはたくさんの良いところがあります。」
「カーペットなんて敷く必要あるの?」と思っているあなた!
カーペットの良いところを知り、あなたのライフスタイルにあった1枚を探して、毎日が楽しくなる生活空間を足元から作りましょう!

すべりにくく、転倒時の衝撃吸収性がアリ。

カーペット(絨毯)を使うことによりフローリング等の床材に比べ滑りにくくなり、転倒時の衝撃を吸収してくれます。また、歩き心地もよく、足腰へも優しく、赤ちゃんや高齢者の方、ペットでも安心です。

つるつるした床で、愛犬が足をからませながら半分転びながら走りよってくる愛らしい瞬間、子供がつるんっと派手に転ぶ瞬間を撮影してTV投稿、そして入賞まで狙っている人は除きますが、カーペット(絨毯)で安全対策してみませんか。
(ここでの安全性とは、人が滑りにくいかどうか、転倒時の衝撃が少ないかどうかを意味しています。)

歩行や物を落とした時の衝撃音の低減力アリ。

カーペット(絨毯)は、歩行時におきるトントンという音や物が落下した時に起きる衝撃音等を、吸収し音を低減することができます。その理由はカーペット(絨毯)のクッション性と素材の内部に重なってできている空気の層にあります。この素材とクッション性が、音を伝わりにくくしているのです。カーペット(絨毯)は、マンション等の集合住宅でとっても効果的です。

ご近所と騒音関係のトラブルに巻き込まれたくないあなたにとって、カーペット(絨毯)が強力な味方になってくれるかもしれません。

歩行の衝撃を吸収してくれるので、歩きやすさアリ。

カーペット(絨毯)は弾力性があり、歩行の衝撃を吸収してくれるので歩きやすい性質があります。カーペット(絨毯)がショッピングモールや店舗、オフィス等でも多く使用されているのもこの理由の一つです。また、転んでしまった場合でも最小限の怪我ですむこともあります。

最近足が疲れやすいなと感じているあなたは気分と一緒にカーペット(絨毯)を変えてみてはいかがですか?

保温性、保冷性、断熱性がアリ。

カーペット(絨毯)は、室内の保温効果や保冷効果、また断熱効果を高めてくれます。その理由はカーペット(絨毯)には表面にパイルという毛足があり立体構造になっている為、この層に(冬は暖かい、夏は涼しい)空気をたっぷり含んでくれるからです。

冬場寒い室内、素足でフローリング等の床材に触れて冷たい!と感じた経験はありませんか?靴下を履いていても長時間過ごすとじわじわ~と足が冷え、次第に体も冷えてしまいますよね。カーペット(絨毯)は空気を多く含む為、床材に比べ熱伝導率が低くなるので急速に熱を奪うようなことはありません!

冷暖房やメンテナンス代の節約性アリ。

カーペット(絨毯)は、保温性、保冷性、断熱性があるので冷暖房の消費の助けになってくれます。また日常のお手入れも簡単なので、メンテナンスにかかる人件費や消耗品コスト等が安くつき、節約にもなります。

カーペット(絨毯)の素材によって効果の大小はありますが、省エネ効果の高いカーペット(絨毯)を活用して冷暖房をなるべく使用しない生活に挑戦してみませんか?(身体を壊さない程度でお願いします。我慢は禁物!)

空気中のホコリ舞い上がり低減効果アリ。

カーペット(絨毯)は、ホコリの舞い上がりを低減してくれるので衛生面でも優れています。カーペット(絨毯)はホコリやダニの繁殖を心配しなければいけないというイメージを持ちがちですがそれは違います。実は、カーペット(絨毯)は繊維の中にホコリを一時的に吸着する性質があるので、フローリング等の床材でみかけるホコリダマやホコリの舞い上がりを格段に抑えてくれるのです。ホコリを吸着したカーペット(絨毯)は掃除機で簡単に除去できます。

カーペット(絨毯)に付着したホコリを掃除機で吸って、カーペット(絨毯)と一緒にあなたの気分もスッキリしてみましょう!

家具等による床面への傷防止効果アリ。

カーペット(絨毯)は、テーブルや椅子、ソファ、AVボード等の家具の下に敷いておくことにより床へ傷がつくのを防いでくれます。長く大切に使用したいリビングや、椅子を動かすことの多いダイニングにぴったりです。

心への傷は防げないこともありますが、床への傷は防げます。事前に防止してお部屋をなが~く大切に使いましょう。

「インテリアのセンスアップ」「イメージづくり」「装飾性」アリ。

カーペット(絨毯)は、色、柄、テクスチャー、素材等様々な組み合わせができ、お部屋に一枚プラスするだけでインテリアのイメージを変えることができます。お部屋を個性的にしたり、自分の好きなカラーで揃えたり、かっこよくスタイリッシュに仕上げたり、ナチュラルで過ごしやすい空間にしたりといろいろな演出ができます。また、夏はグリーンやブルー、冬はオレンジやレッド等、色を活用してカーペット(絨毯)で季節感を出すこともできます。

カーペット(絨毯)を自分のラッキーカラーにして今まで以上に運気を上げるのも良し。あなたのお気に入りの1枚を見つけてみて下さい!

住居感の快適性UPアリ

人体にもっともなじむ素材は繊維です。固い床材は肌にはなじまず、冷たさも感じます。カーペット(絨毯)は繊維でできています。繊維はやわらかく、弾力性があり、また肌にもなじむので快適性があります。また空気を含んでくれるので温かみもあるのです。私達が普段身につけている服が繊維でできているのもこれで納得。

ぽかぽか暖かな日にカーペット(絨毯)の上で大の字になってお昼寝したり、柔らかタッチのカーペット(絨毯)に頬をすりすりしたりして、幸せ気分も味わえますよ。