Sponsord Link


 

みなさん、畳の大きさって気にしたことありますか?

 

実は畳の大きさは地域や畳の種類によってサイズが違うんです。

 

そこで今回は、関西を中心に使われている本間(ほんけん)の畳のことについてまとめてみました。

 

○本間(京間)の畳とは

本間(京間)の畳は関西を中心に使われている大きさの畳のことを言います。

 

カーペットのサイズで表記をされている江戸間よりも大きいことが特徴です。

 

関連ページ:畳の江戸間(えどま)ってなに?


○本間(京間)の畳のcmサイズは?

では、本間(京間)の畳のサイズはどれくらいなのでしょうか?

 

江戸間の畳は1760×880(mm)に対して、京間(本間 ほんけん)が1910×955(mm)の大きさです。

 

その差は、縦150mm、横75mmになります。

 

また、本間(京間)の畳の大きさは茶室や書院などを設計する際に基準となる畳の大きさです。

 

○本間(京間)の大きさの由来

本間(京間)の大きさの由来は安土桃山時代までさかのぼります。

 

安土桃山時代の茶道の普及と太閤検地により庶民も畳を使い始め広まった規格と言われてます。

 

また、家を建てる際に畳を敷いてから家の大きさを決める畳割りという設計方法が由来とも言われています。

 

Sponsord Link


 

○本間(京間)の畳の別名

京都を中心に関西で使われているため京間(きょうま)・関西間(かんさいま)

 

縦の長さがが6尺3寸なので六三間(ろくさんま)

 

本間間(ほんけんま)などの名前で呼ばれています。

 

○本間(京間)の畳 まとめ

現在では江戸間が全国的に使われている畳の大きさですが、家を建てる際に本間(京間)にもできるとのことです。

 

しかし、現在販売されているカーペットの多くは江戸間のサイズやセンチ数で記載されていることが多いです。

 

部屋にカーペットを敷こうと考えている方は、敷きたい場所の「縦×横のサイズ(cm)」を測って購入することを強くオススメしま す。

 

ラグ・カーペット専門サイトのリビモネットでは、さまざまなラグやカーペットをサイズから選ぶことが出来ます。

 

江戸間サイズだけではなく、cmでの記載もしてあるので安心してお部屋の大きさからお好みのカーペットやラグを探すことが出来ます。

 

新しくラグやカーペットを探す際にはリビモネットをご覧になってください。

 

ラグ・カーペット専門店 リビモネットはコチラ

Clendar
2018年5月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
jyu-townってどんなところ 運営Blog お問い合わせ 日本ベターリビング株式会社