生活スタイルから選ぶ

「あなたの生活にあったカーペットはどれでしょう?」
カーペットを選ぶとき、生活とのかかわりも気になりますよね。
カーペット1つで生活を快適にすることもできます。
いくつかの例を出してみたので、参考にしてみてください。

Sponsord Link

ペットをこよなく愛するあなたへオススメするカットパイルカーペット

ペットのことをこよなく愛するあなたには、パイルが短めで、爪がひっかかりにくいカットパイルのカーペットがおすすめです。フローリングだと、ペットが滑りやすく足が空回りしてしまうことがあります。そこにカーペットを敷くだけで、ペットの足への負担を軽減してくれますよ。

ペット向けの機能としては、足への負担を軽減してくれる防音タイプのカーペットや、クッション性のあるカーペット、臭いを吸着してくれる消臭タイプのカーペットはっ水カーペット防汚カーペットがおすすめです。

また、洗えるウォッシャブルカーペットにしておくと清潔感を保つことができ、リーズナブルでお手入れが気軽です。
値段を気にせずしっかりという方には、タイルカーペットがおすすめです。タイルカーペットは弾力性もあり丈夫なので、ショッピングモールや施設にも使用されていることが多いほどです。自分で施工できるものもありますし、カッターナイフで切ることもでき、また汚れた部分だけでの交換もできるので便利ですよ。

おうちに小さな暴れん坊のお子様がいるご家庭には防音カーペット

おうちに小さな暴れん坊(お子様)がいるあなたには、どんどん跳ねても響きにくい防音タイプのカーペットがおすすめです。
防音カーペットは、走り回ったりするお子様の足音やおもちゃの音等を軽減してくれます。

また、はっ水タイプのカーペット防汚タイプにしておけば、水分や汚れがつきにくく、汚れがついてしまっても取れ易いので簡単にお手入れができます。

さらに、散らかしざかり、汚しざかりのお子様には洗濯機で丸洗いできるカーペットがおすすめです。家庭で簡単に洗えるので清潔ですし、リーズナブルですよ。

ラクしたいなと思っているあなたには手入れがしやすい化繊カーペット

Sponsord Link


ちょっとでもラクをしたいな、と思っているそこのあなた!
そんなあなたには、ナイロンやポリプロピレン等の化学繊維タイプのカーペットがオススメです。

汚れがつきにくく、遊び毛もでにくいのでお掃除やお手入れが楽です。中でもナイロン繊維は、パイルがへたりにくく、摩擦に強いので丈夫で長持ちしますよ。

機能では、はっ水タイプのカーペット防汚加工のしてあるカーペットにしておくと、汚れにくいですし、ついても落としやすいのでちょっと楽できますよ。

近所づきあいを気にするあなたには防音カーペット

近所の方たちと仲良く穏便に暮らしたいあなたには、防音タイプのカーペットがおすすめです。
特にアパートやマンション暮らしの方のストレスの原因の多くは「騒音」とも言われています。
厚めのカーペットや防音効果のあるクッション材を使用したものがおすすめです。

また、動かす頻度の高いダイニングテーブルの椅子の下やお子さんが遊ぶリビングや子供部屋等にカーペットを敷くだけでも防音対策になりますよ。

ちょっとした気遣いで、近所づきあい上手になりましょ。
部屋で楽器などを練習する人が、カーペットをドアや壁に貼って防音対策する人もいるみたいですよ。

床でゴロゴロしちゃうあなたにはソフトタッチもカーペット

ついつい床でゴロゴロしちゃう、むしろゴロゴロしたいあなたには、肌触りの良いソフトタッチのカーペットがおすすめです。
ひとえに肌触りが良いといってもいろいろなタッチがあります。
サラサラしたもの、ふわふわタイプ、しっとりやもこもこ。実際にカーペットを触って決めるのが良いと思います。
あなたのお気に入りのタッチのカーペットを手に入れてみて下さい。

また、ゴロゴロするなら、ある程度のクッション性があるものがおすすめです。
あまりボリュームがないものを選ぶと体が痛くなってしまいます。
そんな時はカーペットの下に防音性のあるクッションシートを敷くのもおすすめですよ。 Sponsord Link