詳しい色の解説

暖色系・寒色系の違い

色には「暖色系」「寒色系」という分け方があります。
暖色系は赤や黄色、オレンジなど、暖かさを感じる色。
寒色系は青、青緑など、寒さや冷たさを感じる色。
暖色系の色は興奮度を高め、寒色系の色は鎮静効果があります。

日のあたらない北側の部屋に暖色系を使って、あたたかさを演出。
寒色系は気持ちを落ち着かせる効果があるので寝室に。などなど。
暖色系・寒色系、それぞれのいいところをうまく取り入れてみてください。

進出色・後退色の違い

同じ距離から見て、近くに感じる色を進出色。遠くに感じる色を後退色と言います。
進出色は暖色系で、後退色は寒色系。
同じ広さでも寒色系の部屋のほうが引っ込んで見えるので広く感じます。鮮やか過ぎる色は逆効果なのでご注意を。
進出色の暖色系は、壁など広い面積に使うと部屋を狭く感じさせます。使いたい時は淡い色を選びましょう。

面積効果

色は、大きな面積で使うと明るく鮮やかに見え、小さな面積で使うと、暗くくすんで見えるという性質があります。同じ色でも、大きな面積につかうと、明るさや鮮やかさが違って見えます。
色が強調されるので、明るい色はより明るく、暗い色はより暗く感じるのです。
小さなサンプルなどで見る時は注意して下さい。

色の組み合わせ

同系色
同じ色みを選び、明度や彩度の違う色を組み合わせます。
まとめやすい反面、おとなしすぎる場合があるので、注意が必要。
擬似色
色相環の隣り合う色を組み合わせます。
色の性質が似ているので、安心感とまとまりのある空間になります。
反対色
色相環の反対側に位置する色を組み合わせます。
お互いの色を引き立て鮮やかで個性的な空間になります。
同一トーン
違う色同士を同じ色の調子(トーン)で組み合わせます。
明るいトーンは元気一杯のイメージ。暗いトーンはシックなイメージ。
淡いトーンはフェミニンなイメージになります。
同じ部屋でも色の使い方1つでお部屋を広く見せたり、狭く見えたりするなんて、
色の効果って本当にすごい!侮れませんね!!
色の持つ性質をうまく利用して、快適な空間を演出しましょう。

色って楽しい!色によって与えられるイメージはさまざまなんです

幸せと若々しさを生むピンク
心と体に優しい色で、心には幸福感や安らぎを、身体には温もりを与えてくれます。
和やかで楽しい空間を演出する効果があり、若返りの色ともいわれています。
エネルギーを生む赤
情熱的、興奮、危険のようなイメージがあり興奮作用を持つ色です。
食欲を増進させ会話が弾む色目なので、リビングやダイニングに最適。
アクセントカラーにつかうと明るい雰囲気になります。
元気で陽気なオレンジ
太陽や活発さをイメージさせ、赤のエネルギー、イエローの明るさを兼ねそろえた色です。
食欲増進や、行動力を高めてくれる効果があり、人に好印象を与えます。
希望をもたらすイエロー
太陽や活発さをイメージさせ、赤のエネルギー、イエローの明るさを兼ねそろえた色です。
食欲増進や、行動力を高めてくれる効果があり、人に好印象を与えます。
安らぎを生むグリーン
希望、軽快、明るさのイメージを持つ色です。
よく目に付き、集中力を高めてくれるので、暗いお部屋のアクセントや、子供部屋にお勧めです。
神経を和らげるブルー
寒色の代表色。水や空のイメージがあるので光によってさわやかにも陰気にもなる色です。
清潔感のあるイメージから水周りや、精神状態を整えるので寝室にも向く色といえます。
神秘的なパープル
高貴、優雅、神秘をあらわします。
もっとも鎮静作用があり、病気の回復過程を早める色です。
個性が強い色なので、ピンク・白・グレーといった同系色と合わせると、まとまりのあるインテリアが生まれます。
ぬくもりのあるベージュ&ブラウン
安心感や健康といったイメージを持ち、インテリアに一番使わる色が、ベージュやブラウンです。
淡い色は柔らかく上品に、濃い色はシックな雰囲気と、濃淡によってさまざまなイメージになります。
モダンなモノトーンカラー
感情を浄化させる白。協調を表すグレー。引き締まったイメージを感じさせるブラック。
無彩色の組み合わせはモダンな印象を与え、どんな色とも調和する万能カラーです。
普段何気なく目にしている色も、それぞれが与えるイメージは様々。
あなたの好きな色もチェックしてみてね。
もしかしたらあなたの現在の心理をあらわしているかも!?

色からカーペットを選ぶに戻る