色からカーペットを選ぶ

「色が人に与える効果を知り、快適空間を演出してみましょう」
色は感覚の1つで、形のあるものではありません。だから複数の人間が同じ色感覚を共有するのは難しい。インテリアでは、どんな色を・どこに・どのくらい使うかで、お部屋の雰囲気はもちろん、不思議と気持ちも変わってきます。

70%、25%、5%のバランスが大切!さてなんのことでしょう?

色彩計画の基本となるは、
「ベースカラー」
「メインカラー」
「アクセントカラー」
の3要素。
これを、占める面積の大きいほうから順に決めていくのが基本のやり方です。

ベースカラー(70%) 部屋の基調となる色で床・壁・天井に使う色。
メインカラー(25%) 家具やカーテンなど、インテリアの主役となる部分に使う色。
アクセントカラー(5%) クッション・雑貨などに使われ、インテリアの引き締め役となる色。
カーペットは「メインカラー」にあたります。
「ベースカラー」は飽きのこないベーシックな色を、「メインカラー」に好きな色を使うのがおすすめ♪ただあまり強すぎない色が良いわね。
「アクセントカラー」に鮮やかな色を選ぶとメリハリが出てGOOD!

また使用する色は全体で3色程度に抑えたほうが、お部屋にまとまりが出るわ。

見落としがち!自分のお部屋の明るさ気にしてる?

色は光による影響が強い為、窓の大きさや、照明の色も注意が必要です。
窓の大きな部屋は光が入って明るいので、少々暗めの色を選んでもよいですが、窓が小さい部屋に暗い色を選ぶと、余計に狭く寂しい印象になってしまいます。

赤みがかった白熱灯は暖色系と合い、
青みがかった蛍光灯は寒色系と相性がよいです。
カーペットを買う前に、お部屋の照明の色も気にしてみてはどうかしら。

さらに詳しく色の解説を見る