じゅうたうんの人々

京子さん(アドバイザー)

京子さん(アドバイザー)

27歳。
2歳の頃、じゅうたうんに引っ越してきた。
町では多くの子供に慕われる。
かわいらしい外見とは裏腹に、インテリアや趣味のことになると熱中しすぎて、まわりが見えなくなるのがたまにキズ。
それゆえ、なかなか彼氏ができないのが最近の悩みである。

口癖・話し方
通常時:「~なのよ。」 プッツン時:「~ですわよ。」
一人称
わたし
博士(研究所所長)

博士(研究所所長)

70歳。
ちょっと口うるさい。いつも研究員を叱っている(ばっかもん!)
いろんなことが知りたくてしょうがない。部屋は汚い。
持っているフラスコは実は水。
若い時の物知り欲求から、一代で研究所を建てるほどになった努力家。
休みがないのだが、たまの休みはドライブ。 旧車好き。(買換えていない)

口癖・話し方
「~じゃ。」「~のう。」「ばっかもん!」
一人称
わし
研究員A(研究員)

研究員A(研究員)

言動、動き、喋り方が、一般の人の約1.5倍。
基本的に移動は小走り。
→実験室に入ってきて、つまずき、物を壊す。
趣味はクラシック音楽鑑賞。聴けば落ち着くと勝手に思い込んでいる。
年に数回、本気で怒る。怒ると髪が逆立ち、おでこが見える。
せっかちすぎて、話の内容の50%程しか相手に伝わらない。

口癖・話し方
「あの、あの、あの~」 「大事件ですぅ~」
一人称
わたし
研究員B(研究員)

研究員B(研究員)

ドジで、おっちょこちょいなキャラ。 天然でいつもポケっとしてる。
研究所で、見当違いな発言をしてよく博士に怒られる。
でもめげない!!
今日も元気に実験に励みます。
お菓子が大好きで、いつでもポケットに常備。
たまにポケットから転げ落ちてカーペットを汚してしまうことも。。。

口癖・話し方
「~だもん。」「なんてこった!パンナコッタ!」
一人称
ぼく
研究員C(研究員)

研究員C(研究員)

なんでもはっきり言う。
くわえタバコが特徴。
火がついてなくても常に口にある。
怒ることはほぼないが、とても感情豊かで、大笑いしたり、時にはドラマで涙ぐんだりと、親しみやすいおっさん。

口癖・話し方
言葉は若干汚い。「俺に任せておけばいいンだよ」
一人称